魔女の一撃にはご注意を。。。 【ぎっくり腰】

ドイツ語で「魔女の一撃(ヘクセンシュウス)」と呼ばれる怖い名前の病気があります。いわゆる「ぎっくり腰」のことです。 ぎっくり腰は、ある日突然、腰が「ギクッ」としたかと思うと、重度の場合は身動きできなくなるぐらいの激しい痛みに襲われ、体の自由が利かなくなる怖い病気です。 ぎっくり腰には何の兆候も無いことが多く、「もしや魔女が大きなほうきを振りかざして攻撃してきたか?」と疑いたくなる気持ちもわかる気がします。 ぎっくり腰は、中腰で重い物を持つ場合に起こりやすいだけでなく、不用意に体を捻ったり、洗顔をする際に前屈みになった時などに起こりやすいです。また、疲れが溜まっている時もなりやすいですね。 もしぎっくり腰になったら、無理に動かさず、安静第一が望ましいです。そして、動けるようになったら当院にご来院下さい。また、痛みが引かず全く動けない場合は往診もいたします。その際にはご相談ください。 ひがし野整骨院 ☏0297-21-8888 (TX守谷駅東口 平日22時 土曜19時まで診療)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせはこちら

TEL:0297-21-8888

お問い合わせフォーム